サイデイングボードの10年後!?

ブログ
サイディングボードの劣化について

 

サイディングボードってご存じですか?

住宅の外壁に貼ってある外壁材の事です。見た目はタイル調や、レンガ調など様々なデザインと色を選べて、手ごろな価格帯でおしゃれでおすすめの外壁材です。

街を見回すとサイディングボードを使っているお家を良く見かけると思います。

ただ、どんな外壁材であろうと経年劣化というものは訪れます。もちろん時期も違えば、劣化具合も様々ですが、サイディングボードの例をご紹介します。

 

①サイディングボードの反り

こちらは、ボードが反ってしまっている例です。

サイディングはセメント質と繊維質により形成されています。そのため吸水性があるのです。

表面の塗膜が防水効果を発揮し水を吸い込ませないようにしてくれているのですが、塗膜の劣化によりだんだんと水を吸い込み始め、最終的には反り上がってしまうのです。

 

②サイディングボードの割れ

こちらは、ボードが割れてしまっています。

先ほども述べたようにサイディングはセメント質と繊維質により形成され、吸水性があるため、ボードが反り上がる力と、釘の固定されている箇所で反発が起こり割れてしまうケースが多いです。

 

どちらにせよ、この様な状態になってしまえば、完全に元の状態に戻すのは不可能です。張替えれば新築のような状態に戻せますが費用面での負担が大きいのでおすすめはしません。

どちらも補修方法はあります。しかし傷跡は完全には消えません。

この様な状態になる前に、【 防水 】をしましょう。

外壁塗装とは、防水の為に行う工事です。上記の様な劣化は未然に防ぐことが出来るんです。

外壁塗装のタイミングは分かりにくいかもしれませんが、必ずお家からサインが出ているものです。それに気づけば最悪の状況になることはありません。

アイホームでは、お家の無料診断もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました