陸屋根の防水工事の作業手順を公開!

ブログ
陸屋根の防水工事について

陸屋根とは、平らな屋根の事でビルの屋上や、一般住宅の屋根にも使われています。

良くある屋根と違い、平らなので傾斜がありません。という事は、雨が降れば水が溜まりやすい状況なので、経年劣化により表面の防水が切れると雨漏りの可能性が高くなるんです。

今回は、シート防水が剥がれたり劣化していたため、既存シートを撤去し、下地調整をしてから塗膜防水を行いました。

塗膜防水以外にも、シート防水や、アスファルト防水など様々な施工方法があります。

塗膜防水にも種類があり、ウレタン防水とFRP防水というものがあります。ウレタン防水であればウレタン樹脂で防水膜を作ります。FRP防水であればポリエステル樹脂で防水膜を作ります。

ウレタンに比べ、FRPの方が強度があるので、人が歩くことが良くある場合はFRP防水をおススメしています。

陸屋根の防水工事は、目安として10年を基準に点検をしてもらったり、自分でチェックしてみてください。もちろん10年で必ず防水をやり直すことはありませんが、状態をみながら早めにメンテナンスすることで雨漏りを避けられたり、費用も安価に抑えられますよ。

弊社では、光触媒コーティングを10年以上作業してきた経験のある熟練の職人によって施工させて頂いておりますので、もしご興味のある方は安心してお任せください。

お問合せはこちら。

インスタグラムツイッターも覗いてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました