チョーキングとは【外壁塗装】

ブログ
チョーキングとは

チョーキングって皆さん聞いたことはありますか?

外壁の表面を触ると手につく白い粉!この現象の事です。

ではこの白い粉は一体何なのか?

そもそも外壁は表面を塗装してあります。(新築で現場で塗装してもらった記憶がなくても工場で塗装済みの外壁材を使用しています)

この外壁材が雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解されて、顔料が粉状になり表面に現れた状態です。

ではこのチョーキング現象が見られた場合、どうなってしまうのか。

それは、【塗膜の劣化=防水性の低下】です。

つまり新築時は雨が降っても水を弾き防水性が保たれていましたが、こうなってしまうと雨が降ると、水を吸い込み始め、表面にカビやコケ、ひどい場合は外壁材そのものがひび割れてしまうこともあります。

 

これらの被害が出る前に、外壁の塗り替えが検討できれば理想ですが、費用面や、業者選び、そもそも症状に気付いていなかったりとあるでしょう。

ですので、まずは焦らずにプロに聞いてみてください。弊社も無料診断しておりますので、まずはお問い合わせください。現地まで伺い、調査結果などは後日ご報告させていただきます。

お問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました