コーキングの打替えとは?

ブログ
コーキングの打替えとは?

 

今日はコーキングについてのお話になります。

コーキングとはどういうものかご存じでしょうか?

外壁材の継ぎ目や、窓などサッシ周りに使われているゴムの様なあれです。

このコーキング材は「紫外線」によって劣化します。

表面にヒビが出来てきます。10年も経過すれば交換しなければいけません。

立地条件によっては5年ほどで交換が必要になることも・・・。

では、どのようにコーキング材を打替えていくのでしょうか。

写真を交えて簡単にご説明します。

前提として、外壁塗装工事中とします。

ですので、作業に必要な足場は組んでいる状態です。

 

①劣化したコーキング材をカッターで切り、撤去していきます。

②マスキングテープで養生をしていきます。

③プライマーを刷毛で塗布します。これはコーキング材の密着を良くしてくれる役割があります。

④コーキング材を注入し、ヘラでならします。

とても簡単な説明でしたが、この様にコーキング材を打替えていきます。

もちろん、状態によっては打替えが必要ない場合もありますので、詳しく知りたい方はこちらまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました