ブロック塀の解体から新設するまで

ブログ
ブロック塀について

 

古くなったブロック塀の解体から新設する様子をご紹介します。

ブロック塀は古くなると、地震などがきっかけで倒壊する恐れがあります。

また近くに誰もいなければ良いですが、万が一誰かにケガをさせてしまってはいけませんよね。

ですので、20年以上経過しているブロック塀は状態にも寄りますが災害に備えて作り直すことも考えてみても良いかもしれませんね。

 

基礎の状態が良ければ、基礎から上のブロックのみを解体していき、基礎は再利用します。

但し、状態が悪い場合は基礎ごと作り直します。

こちらの面は基礎ごと作り直しています。

職人さんが暑い中、丁寧にブロックを積み上げてくれています。

完成後はこちらです。

最近はブロック塀を3段くらいにして、その上にアルミ製のフェンスなどを取り付けるパターンも多いですよ。

見た目も大切ですが、安全面も考慮してブロック塀の作り直しを検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました