コーキングの打替えの手順を写真でご紹介!

ブログ
コーキング打替え手順は?

お家の外壁にコーキングを打設してあるところはご存じでしょうか?

外壁材と外壁材の間を埋めてあるゴムの様な場所があります。

この材質は、立地環境や日当たりなどの影響で誤差はありますが、10年も経過すると大体ゴムの部分が硬くなったり、ひび割れてきます。

このまま放置しておくと、建物の内部に水が入り込んできますので、躯体や外壁材を痛めてしまう原因になります。

ではどうやって補修をしていくのかですが、写真で手順を解説していきます。

①古くなったコーキングを撤去するため、カッターで切ります

②養生後、プライマーを塗布し、下地とコーキング材の密着を良くしておきます

③コーキングを打設していきます

④ヘラでならしていきます

⑤養生を剥がして完了です

外壁塗装をご検討中の方の参考になれば幸いです。

興味がある方はお気軽にお問合せください。お問合せはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました